諫早駅前歯科
診療メニュー むし歯治療 歯周病治療 入れ歯治療 予防歯科・メインテナンス 審美治療 訪問歯科 諫早駅前歯科の紹介 院長紹介 スタッフ紹介 感染予防対策 歯科衛生士からのメッセージ よくあるご質問 歯科のQ&A ハピリコニュース ふじた歯科 歯やお口のお悩み、お気軽にご相談下さい

予防歯科・定期検診

豊富な予防メニューをご用意し、患者さまに合わせた予防歯科をご提供。また、担当歯科衛生士制を導入し、患者さまのお口の健康を守っていきます。

なぜ予防をするのか?予防が必要なのか?

なぜ歯科で予防が必要なのか、予防をしなくてはいけないのかについてですが、1つ歯科の研究の興味深いデータがあります。50歳の男女で、歯科に痛い時のみ受診する人の10年間で歯を失う本数は10年間で平均5本であったのに対し、定期検診を続けている人は平均0.7本だったというものです。

メンテナンスを定期的に行っている人は定期的に歯の清掃、歯石除去、ブラッシング指導を受けることで歯自体が長持ちすることと、歯科医師による検診で虫歯や歯周病の早期発見、早期治療を行う事が出来るので歯を多く残すことができます。

またお口の中が汚れている状態だと体のほかの部分にも悪影響が出ます。歯周病が放置されている状態の人は糖尿病の発症リスクが高く、また重症化も起こしやすいです。その他お口の中の菌は血管の中に移動してきて動脈硬化の原因になり、心臓病や脳卒中の原因になると言われています。お口と肺は気管でつながっているので、特に高齢の方ではお口の中の菌が肺炎の原因となり、それが命を脅かす場合もあります。メンテナンスはこのような全身の健康を守るのにも役立ちます。

なぜ予防をするのか?予防が必要なのか?

豊富な予防メニューから、適したメニューをご提供

当院ではお口を通じて、患者さまの全身の健康を守りたいとの思いから、虫歯や歯周病を防ぐさまざまな予防メニューをご用意しています。お一人おひとりのお口の状況や、ご希望に合わせてご提供いたします。

プロによるお口と歯のクリーニングで、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれます。担当の歯科衛生士が、ご自宅での歯磨きでは落としきれない汚れをキレイに取り除きます。

歯石は、歯周病の一因です。
これをスケーラーと呼ばれる道具で除去していきます。

フッ素塗布は、虫歯の予防に効果的とされています。
フッ素を塗ることで歯を強くし、虫歯にかかりにくくします。

虫歯になりやすい奥歯の溝に医療用のプラスチックを埋めて、虫歯になりにくくします。
お子さまの虫歯予防に効果的な施術です。

Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という予防方法です。
これまでの歯ブラシや歯科医院でのクリーニングだけでは取りきれなかった細菌(虫歯菌、歯周病菌など)を減少させる、お口の中の除菌法です。虫歯や歯周病のリスクが高い方にオススメです。

※ 料金は50,000円(税別、自費診療)で、マウスピースのほか、ジェルと唾液検査の料金を含みます。

3DSを行う場合、虫歯や歯周病の細菌の数や、歯を守る唾液の力を調べます。
これによって、虫歯や歯周病のリスクがわかります。

※唾液検査はほかの治療とセットとしており、単体では行っておりません。

担当の歯科衛生士が、セルフケアの方法をアドバイス

アドバイス虫歯や歯周病は、生活習慣病のひとつです。そのため、歯磨きの仕方や食生活など、普段の生活習慣を変えないと防げません。

そこで当院では、患者さまお一人おひとりに担当の歯科衛生士をおつけし(担当歯科衛生士制)、虫歯や歯周病の治療後のメインテナンスを行っています。患者さまには定期的にご来院いただき、歯科衛生士によるクリーニングを行ったり、ご自宅での歯磨きの方法などをお教えいたします。


担当歯科衛生士制では、同じ歯科衛生士がずっとひとりの患者さまをサポートします。そのため、お口の中の変化にも気づきやすく、より丁寧なケアが可能です。当院の歯科衛生士は経験15年以上()のベテランを筆頭に、経験豊富なスタッフが揃っています。安心してお任せください。(2018年現在)

インターネットからご予約いただけます

---

諫早駅前歯科 初診オンライン予約