諫早駅前歯科
診療メニュー むし歯治療 歯周病治療 入れ歯治療 予防歯科・メインテナンス 審美治療 訪問診療 小児歯科 諫早駅前歯科の紹介 院長紹介 スタッフ紹介 感染予防対策 歯科衛生士からのメッセージ よくあるご質問 歯科のQ&A ハピリコニュース 院長ブログ スタッフブログ ふじた歯科 歯やお口のお悩み、お気軽にご相談下さい

FAQ

歯が痛いが歯医者さんに行けないときはどうやって痛みを止めればいいのでしょうか?

休日や深夜、仕事中などどうしても病院に行けない時に虫歯が痛くなったら皆さんはどうしていますか?
自分で出来る正しい対処法や絶対にやってはいけないことを紹介していきます。

基本的な処置の方法としては、まず一つは市販の薬を服用するということです。注意点として必ず効能に歯の痛みがあることを確認して飲むようにしてください。薬には歯科で使われる痛み止めと同じ成分のものや、患部に直接塗る即効性の高い歯の痛み専用の薬もあります。使用しても虫歯が治るわけではないということに注意してくださいね。

もう一つは適度に冷やすということです。歯の痛みの原因として多いのは歯の神経の炎症です。炎症を抑えるには冷やすのが基本です。冷たいタオルや冷却シートを使って、患部を冷やしてください。ただ冷やし過ぎは血行不良になり、歯にとってもよくないので注意してください。

今までお話ししたのは正しい処置の方法です。それに対し絶対に行ってはいけない方法を紹介します。

それは、硬いものを食べることです。歯に力がかかるとそれが刺激となり痛みが増していきます。
患部を温めるのも逆効果です。血流が良くなってしまって歯の神経を刺激します。同じように熱いお風呂に入るのも避けた方が良いでしょう。お酒を飲むのも厳禁です。酔って痛みを軽くしようと思われるかもしれませんが、血流が良くなり痛みが増してしまいます。

全ての方向に共通することですが応急処置は根本的な治療ではありません。放っておくと歯を抜くことになってしまう場合もあるので、痛みが出たら早めに歯科を受診してください。

---

諫早駅前歯科 初診オンライン予約