諫早駅前歯科
診療メニュー むし歯治療 歯周病治療 入れ歯治療 予防歯科・メインテナンス 審美治療 訪問診療 小児歯科 諫早駅前歯科の紹介 院長紹介 スタッフ紹介 感染予防対策 歯科衛生士からのメッセージ よくあるご質問 歯科のQ&A ハピリコニュース 院長ブログ スタッフブログ ふじた歯科 歯やお口のお悩み、お気軽にご相談下さい

FAQ

キシリトールはなぜ虫歯にならないの?リカルデントとは?

キシリトールは甘い味がするのに虫歯にならない甘味料の一つです。

虫歯は、虫歯菌が糖を分解するときに出てくる酸が原因で歯が溶けていくというものです。一般的に甘いものを食べると虫歯になりやすいとされるのはこのためです。しかしキシリトールは甘さがあるにもかかわらず、虫歯菌が分解しても酸を作り出せない構造をしています。そのため、虫歯のリスクを上げずに甘いものを摂取することができ、小さな子供でも安心で安心して食べられます。

また甘さで唾液がたくさん出るので、唾液が持っている歯を硬くする再石灰化という能力が高まり、歯を丈夫にしてくれる効果もあります。

キシリトールと似たものにリカルデントがあります。
リカルデントには味や匂いはほとんどありません。

歯のエナメル質にミネラルを取り戻し、歯を丈夫にする再石灰化効果があり、虫歯に強い丈夫な歯を作ったり、虫歯になりかけた歯を元の状態に戻すことができます。

味がないのでリカルデント入りのガムやタブレットにはキシリトールが含まれている場合がほとんどです。キシリトールより高い歯の再石灰化効果があります。リカルデントはすぐに効果が表れるものではありません。 1日2回ほど、リカルデント入りのガムを毎日の習慣にしましょう。

注意点としてキシリトールやリカルデントだけで虫歯が予防できるわけではありません。毎日の歯磨きがとても大切です。 フッ素入りの歯磨き剤と併用すると高い効果が出ますので、日々のお口のケアに加えて行ってください。

---

諫早駅前歯科 初診オンライン予約