諫早駅前歯科
診療メニュー むし歯治療 歯周病治療 入れ歯治療 予防歯科・メインテナンス 審美治療 訪問診療 小児歯科 諫早駅前歯科の紹介 院長紹介 スタッフ紹介 感染予防対策 歯科衛生士からのメッセージ よくあるご質問 歯科のQ&A ハピリコニュース 院長ブログ スタッフブログ ふじた歯科 歯やお口のお悩み、お気軽にご相談下さい

FAQ

歯の神経の治療はどうして回数がかかるの?

虫歯が深くて虫歯菌が神経まで到達している場合、歯の神経の治療を行います。そのままにしておくと菌が繁殖し、強烈な痛みや腫れを引き起こします。最終的には歯を抜かなくなってしまわなければいけなくなるため虫歯が深い場合には神経の治療が必須です。

方法は、まず歯に麻酔をして、虫歯をすべて取っていきます。その後露出した歯の神経(歯髄)を器具を使って除去していきます。細菌感染が進んでいると根の先に膿がたまり、歯の神経が入ってた部分の周りの歯の部分も細菌に感染しているので、そこの部分も除去を行っていきます。その後根の中の消毒をして、中に殺菌のためのお薬を詰めます。

歯の神経の治療には回数がかかる場合があります。歯の根は人それぞれ形が違い、複雑な構造をしているため細菌を完全に取り除くのは非常に困難です。もし細菌を残した状態で根を埋めてしまうと、根の中で細菌が増殖して後から症状が出る場合もあるので歯の根の治療はじっくり時間をかけて行う必要があります。

十分に根の中がきれいになったら根の管の中に防腐剤を詰めて根を埋めていきます。このようにすることで細菌の周囲への感染を防ぎ、歯の機能を維持します。その後歯の頭の神経が入っていた部分は空洞になるので土台になる柱を作って装着します。

その後全体の形を作って被せもの(クラウン)を作っていきます。歯の残っている量にもよりますが、神経をとった歯が欠けやすくなるので、全体被せたほうがいい場合がほとんどです。

被せものを調整、装着して治療は終了になります。
歯の根の治療は時間と回数がかかるので通院するのが大変ですが、時間が空くと歯の状態は徐々に悪くなっていきます。

特に根の治療の途中に期間が空いてしまうと、空洞になっている歯の神経の部分に細菌感染が急速に進んでしまいます。治療の途中に半年以上期間が空いてしまった場合、抜歯になるケースがほとんどです。大切な歯を残すために根気よく最後まで通院してください。

---

諫早駅前歯科 初診オンライン予約