諫早駅前歯科
診療メニュー むし歯治療 歯周病治療 入れ歯治療 予防歯科・メインテナンス 審美治療 訪問診療 小児歯科 諫早駅前歯科の紹介 院長紹介 スタッフ紹介 感染予防対策 歯科衛生士からのメッセージ よくあるご質問 歯科のQ&A ハピリコニュース 院長ブログ スタッフブログ ふじた歯科 歯やお口のお悩み、お気軽にご相談下さい

FAQ

洗口剤や虫歯を予防するガムはどれくらい効果があるの?

洗口剤やガムの中には虫歯予防や歯周病予防を謳っているものがあります。では実際これらはどれくらいの効果があるのでしょう。結論から言うとこれらの効果は補助的なもので、洗口剤やガムを使用していれば虫歯ができないというものではないです。

虫歯も歯周病も原因はプラーク(歯垢)という細菌の固まりです。その中にいる虫歯菌はほかの菌とともにバイオフィルムという菌の塊を作っています。バイオフィルムは表面から奥のほうまでびっしり菌が詰まっており、たとえ表面に殺菌作用のある薬をつけても表面の菌が死ぬだけで、それより奥の菌には表面の菌の死骸がバリアとなることによって効果が出ません。

バイオフィルムに一番効果的なのは機械的に菌をばらばらにしてしまうことが重要です。つまり歯磨きが最も効果的ということになります。ばらばらになった菌には殺菌成分が有効になりますのでこの時に洗口剤を使うことで初めて効果が出ます。ガムに関してもしっかり日ごろの歯磨きを行ったうえで使用することで歯の再石灰化などの効果が出てきます。

洗口剤やガムなどには口臭を防ぐとされているものもありますが、これについても一緒で、歯磨きをきちんとしてからが基本です。洗口剤やガムには香料が含まれているのでもともとのにおいがごまかされますが、これは一時的なもので原因を取り除いているわけではないです。口臭を消すには原因となるプラークの除去などが必要です。

---

諫早駅前歯科 初診オンライン予約