諫早駅前歯科
診療メニュー むし歯治療 歯周病治療 入れ歯治療 予防歯科・メインテナンス 審美治療 訪問診療 小児歯科 諫早駅前歯科の紹介 院長紹介 スタッフ紹介 感染予防対策 歯科衛生士からのメッセージ よくあるご質問 歯科のQ&A ハピリコニュース 院長ブログ スタッフブログ ふじた歯科 歯やお口のお悩み、お気軽にご相談下さい

FAQ

フッ素にはどういう効果があるの?

フッ素はお口の中で3つの異なる効果を発揮し、虫歯予防の役に立ちます。

① 甘い物を食べるとお口の虫歯菌によって歯が溶けてしまいます。
_ フッ素は歯の表面に働きかけ、普通の歯より酸に強い歯を作り上げることが出来ます。

② 虫歯菌の力を抑制し、歯が溶けていくのを防ぎます。

③ 虫歯になりかけた歯を元の状態の歯に戻します。これを再石灰化といいます。

フッ素は市販されている歯磨き粉のほとんどに入っています。フッ素の効果を最大限にするには、多めに歯磨き粉をとって磨き、磨いた後は1回軽くゆすぐようにするといいです。歯磨き粉が口の中に残る感じが嫌な方は、発泡剤(泡が出る成分)や清涼剤が入っていない歯磨き粉やフッ素ジェルを使用するとよいでしょう。歯磨き粉に含まれるフッ素は濃度が低いので毎日使っても問題ありません。

歯科医院でもフッ素を塗ることができます。歯科医院で塗るフッ素は比較的濃度が高いので虫歯予防効果も高いです。1回塗ると1月程度期間を開けたほうがいいとされています。

フッ素は大量に摂取すると中毒等を起こす危険性があるとされていますが、家庭用の歯磨き粉はフッ素濃度が高くないので通常の使用では起こりません。歯科医院でも専門スタッフが量を決めて塗布するので起こりえないことです。

その他微量でも体に害があると言う説もありはするのですが、低量のフッ素の体への害は多くの実験が行われたにもかかわらず、それを証明したものはありません。当院では虫歯予防のためのフッ素塗布をお勧めしています。

---

諫早駅前歯科 初診オンライン予約